今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2008年 09月 29日 ( 1 )

神田とその周辺

休業日だが、朝からあちこち廻ることになっている。
曙橋前の郵便局で大地宅配用のお金を入金。そのあと小川町へ写真展を見に行く。
靖国通りと新大橋通りの下を進む新宿線沿線というのはこれまであまり縁がなかったのだが、よく考えてみると、神保町へいくにはとても近い。
曙橋から神保町までは僅か3駅。10分足らずである。方角を見失いやすいが、神保町から神田駅方面も割と近い、というので、昼前に用事を済ませてから、まずは神田駅へ向かう。急に涼しいというか、今日などは少々肌寒いくらいなので、「かめや」の天玉そば410円を食べようと思ったのだ。新宿の思いで横町だと同じのが370円で食べられるが神田のお店も狭いながらも雰囲気のある場所。古びた台湾料理や、天ぷらや、とんかつ屋を眺めつつ、再開発の手の入っていない下町の雰囲気を
楽しみつつ、
中央通りへ向かう。

古い街並はもう、探す気にならないとあまり多くは見つからない。この10年でこの界隈も随分変わった。

かめやは今日も元気良くやっていたが、昼飯どきで外まで傘をさして並んでいた為、次回ということにして、また曙橋まで戻りたいので、そのまま神保町へ。一度くらいは、神保町名物、カレーライスを食べてみたい。
本屋にカレーといえば、神保町に限らず、新宿三丁目の紀伊國屋の本店の地下食堂街もかつては、カレー屋だらけであった。丸ノ内線の改札を抜け、地下から紀伊國屋に向かうルートでいくと、あちこちからうまそうな匂いが立ちこめていたものだが、値段は決して安くはなく、学生時代は食べたことがなかった。
で、今日は神保町スズラン通り、の
キッチン南海、というところのカツカレーを食べることにする。向かいのスイートボーズという餃子を食べに行った時に、お店のサンプルがとても気になっていたのだ。
出てきたカレーは、かなり黒っぽいルーでビックリ。ライスも多めで、キャベツの千切りが乗った上に薄めのトンカツがドカーンと乗っている。普通のカレースタンドの料の1.5倍盛りくらいで700円。 見ためほど辛くなかったが、おおいに満足。カウンターに座ったので、目の前で白いコック服のお兄さんが5人ほど、見事な連係プレイで次から次へと注文をさばく。フライ関係が充実していて、海老フライ、クリームコロッケ、ヒラメのフライ、チキンカツ+生姜焼きライスという、育ち盛りメニューみたいなものに大きく反応してしまう。

次はヒラメ+生姜焼きライスを食べてみたい。
[PR]
by cheaptrip | 2008-09-29 17:00 | 新宿暮らし