今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本当に月末がやってきた。
支払額は、なんやかんやで150マンエンナリ。ギャー!

振り込み手数料を少しでも節約&運用面でメリットがあるから、というので先日新宿まで行って、新生銀行に口座開設したんです。ネットで振り込むと他行でも振り込み手数料がタダになる(5件までだったかな)らしいです。

で、今朝アサイチで、いつもの口座から150マンエンを引き出しました。
前回物件の契約時に105マンエン下ろしたときは、「万」を押し忘れて105円がチャリーンと出てきて失神しそうになったボクですが、ちゃんと札が出てきました。
お金を引き出すとなんだか廻りの人の視線が気になって仕方がない。
そのまままっすぐ、新生銀行に全額投入。残高はこの間開設の時に入れた1000円(ケチ!)のままだったので、150万千円。

で、今またもや、休みだというのに四谷の仕事場のマックに向かって、家賃の振り込みをしようと思ったら、ブラウザが対応していないためにネット決済が出来なかった。
なんでも、ネスケの7以上か、サファリじゃないと駄目らしい。

やっぱ、買い換えかな。
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-30 13:24 | 日記風
月末ですね。ボクです。

20日過ぎると、支払いの事が頭の中を過ります。
払うもん、全部払ったら今月はいくら残るんだぁ?などと思いつつ、残り10日のうちに入金されそうな一つ残らず思い出したりして、「セーフ!」などと思ったり、毎月この時期は落ち着かないのです。

しかし、ラスト10日間、と思うなかれ、今月はあと1/3残っていると考えることもできます。実際、残りの10日間で、モリモリと売上げが上がって行きます。
27日を過ぎる頃には、数日前のあの変なアセリは一体なんだったのか、というくらい
楽勝気分になっていたりします。
だから、これからは20日過ぎてもあせらない、慌てない!と固く心に誓ったハズなのにやっぱり20日過ぎを迎えるとちょっと不安になります。
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-27 12:36 | 雑談

ミクシィ

をずずっとみていたら、同期のO君とか見つけちゃった。
な、なんと「平和寮」コミュニティとかあるんで、ビックリ。

で、芸大コミュ発見したりして、喜んでいます。

a0005432_1872694.jpg


おお、懐かしの芸大ジャージ♡。
つか、誰だ大の字横棒とったんは!
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-24 18:08 | 雑談

ギャップ

年齢とともに、食べる量の視覚的イメージと胃袋の許容量の落差が激しく、悩んでいます。ボクです。

昨日は、とても忙しかったので、自分達にご褒美、というか2日に一遍くらいそうやって自分を甘やかしてどこかへ飲食いに出かけているのだけど、よくいく定食屋「れんげ食堂」で瓶ビールならびに餃子。それに海鮮あんかけカタやきそば、マーボ豆腐定食を妻と食べました。ここのカタヤキソバは、麺が太くて短くて、スナックみたいな感じであまり見た事がないタイプでエビとイカが大量に投入されており、おいしいです。
だいたい、我が家のまわりは、学生が多いからと思うけど、どこに行ってもわりと量が多めで、ここが出来る前に個人的によく言った「庄ちゃんらーめん」などは、さらに大盛りで、チャーハンなどは並み盛りでも2合はあろうかという量を出してきます。

で、今日もおやつを食べることもなく、暑い中あっちこっち動き回り、忙しく働いたので、腹を空かせていた我々は、充分いける!と思いつつ上記三品を発注。

結果は、ボクが餃子を全部と妻のマーボ定食の40%を食し、もう今にもはち切れんばかりのお腹となって歩行困難、きもちわる〜とアイ成りました。

次回からは餃子は注文しないことにする。

しかし、これだけ食べて二人で2000円とは安くないですか?
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-20 12:20 | 雑談

ちょいと記念日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉 / 光文社
スコア選択: ★★★★★

仕事とはあまり関係ないのですが、本屋に行くとなんとなく、経済書のコーナーにふらふらと吸い寄せられます。今や弱小起業家として局地的に知られ、呆れられているボクですが、何しろこういったカネ勘定には疎いもんですから、他人の成功、失敗した、ああの山この川ナンダ坂コンダサカといったものに何となくスガっていたい、と思っているのかもしれません。

で、このさおだけやの本、とても面白く会計の基本が分かりやすいよう書いておりましてお勧めです。
で、我が事務所もようやく、軌道に乗ってきた。
今朝昨日の売上げを入金して、振り込みの入金分なども記帳したら、今月の目標額を超えていたのでちょっと嬉しかった。

ちょっとした記念日だな。お祝いしなきゃ。





へたれ
吉永 マサユキ / リトルモア
ISBN : 4898151485
スコア選択: ※※※※※

来週中目黒で会う事に。楽しみ。。。
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-18 11:14 | 日記風

日曜日

日曜日昼下がり秋葉原。
ひとりきり、この電気の街で
アキハバラ、アキアバラババックトゥミ

15年前ヒマを持て余して、熊谷熊谷までついていった、ボクです。
今じゃ考えられません。そんなこと。

ピザ・Sルバートーレとかいう、薪ガマで焼いてくれるというピザを喰ったのですが、
それほどビックリする程うまいものじゃないのです。
ボクは、アメリカンピザの方が、ジャンキーでうまいと思うんですが。
ビールに会うし。

ミクシィに無理やり加入させられ、3か月程ホッタラカシして、ついに観念して近頃はじめました。さすがに日記は書ききれないので、今のブログに転送する設定にしてしまった。



支離滅裂に今朝思った事。
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-15 12:04 | 雑談

だ、だ、だ、

自分でいうのもなんですが、
今さら遅いという声も聞こえそうですが、

やっぱり、太った


とおもう。今日この頃。

最近妻が繰り出してくるメニューはどれもこれも、減量食ではないか、というくらい。
これでもかっ、これでもかっ!とばかりに
オカラメニューが続いています。

んなわけで、今日作った弁当は
オカラハンバーグ、
アスパラの塩ゆで(マヨなし)
豚のない、トンペイ焼き

いじょ。

見た目のボリュームだけは、超大盛りにしてみた。
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-13 13:32 |

ほったらかし

んなわけで、世間様は連休明けの大忙しの最中、ボクは休みなんで、日帰りで温泉の旅にいってきました。

行き先は近いから、という理由で山梨の
ほったらかし温泉へ。
我が家からは一時間と少しで着いてしまう。ネボスケにはもってこいの場所なのです。

というわけで、10時少し前、日帰りの旅にしては若干遅いんじゃないの?という時間に杉並を出発。道中の暇つぶしをコンビニで買っとくかなどと行っている間に車は既に永福インターから一路中央道のヒトとなり、11時半にはもう着いてしまいました。
眺めもいい、揚げ温玉もうまい、もちろん温泉も最高なので、文句のつけようがないのだが、敢えて苦言を呈すると、

長居しづらい、というのがあげられる。

風呂に入って、ビール飲んで飯くって、ごろんと昼寝するスペースでもあれば、あっちの湯から、こっちの湯に廻ってもう一丁風呂浴びてなどと一日過ごせて楽しいと思うのだけど、たいてい2時間くらいいると、そろそろ帰ろうか、という気分になってしまう。

んなわけで、夕方4時頃には東京に戻りなんと四谷の仕事場に行ってひと仕事終えて、普通に帰宅。

まぁそういうのもありか?
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-10 13:25 | 雑談

ボクの連休

最近、「メンマ」にはまっています。
駅から自宅へ戻る途中、ここのところ愛用しているキリン「のどごし生」を2本、そして桃屋のメンマにするか、「やわらぎ」にするか、ちょっと真剣に検討する自分。
自分でいうのもナンだけど、かわいいヤツだと思います。

帰りが遅くなった時、最近よく行く中華定食屋、「れんげ食堂」でも瓶ビールを注文すると突き出しに必ずメンマが出されます。ゴマアブラの香りの効いたラー油をたっぷりかけて喰うとうまいです。

で、昨日もやわらぎをつまみに、キックボクシングに出かけた妻の帰りを待っておりました。ビールを飲みつつ、ちょっとあわてて軽く咳き込む。

まぁ、よくあることです。鼻からごはんつぶが出てきたりしてね。
というわけで、ちり紙を鼻に当て、勢い良く「ち〜〜ん」と鼻をかみました。

やわらぎの先っぽみたいなのが、喉から鼻にまわってしまった感じがしたのですね。

鼻をかんだ瞬間、強烈な刺激が、、、、、


ラー油が、鼻を通過した。
鼻が痛い、痛い、めっちゃ痛い!!!

そんな連休中のボクです。
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-07 12:09 | 雑談

そして、マチへ

zeroというカメラを買って、しばらく早朝の四谷の街を歩きながら、写真を撮っています。以前はペンタックス片手に、地面をなめまわすように写真を撮り漁っていました。
小回りの効かない針穴写真では、同じように撮る事は出来ないのですが、久方ぶりに、街の中にカメラを持ち出す快感を感じながら日々写真を撮り続けています。
連休中で、現像に中々出せなかったのですが、やっとこさ、今朝2本のネガフィルムを現像に出す事ができました。
仕上がりは夕方。

東京は、秋
荒木 経惟 荒木 陽子 / 筑摩書房
ISBN : 4480872078
スコア選択: ※※※※※
四谷の街を意識して歩くようになって、ふと思い出したのがこの本。中々しぶい写真集+エッセイ本ですが、数あるアラーキーの煮作、おっと間違い著作の中では一番好きかも。
初版本の装丁が好きだったのですが、今手に入れるとなると結構なお値段になるのだろうな。
[PR]
by cheaptrip | 2005-05-06 11:15 | 写真