今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

暑すぎ

午前中既に気温は36.2度とか、体温じゃん。

差しいれは、お酒もお菓子もやめて、Tシャツにしてほしいと思う今日この頃。
新聞屋の差し入れの洗剤、部屋干しマイトップ、あんなにあったのに、最近くれないから、どんどん在庫が減っています。

来週は海だな。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-28 17:12 | 雑談

汗っかきのボクにとっては、毎日着替えのシャツが欠かせない季節となりました。
ただ今正午ですが、既に気温は32度を越えてるとか。

先ほどから体中からじゃぁじゃぁと汗をかきつつ、やり残しの仕事を処理するべく四谷の事務所で働いております。

来週あたり海でも行きたいなぁ。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-27 12:08 | 雑談

みゅーじっくバトン

【ミュージックバトンとは?】
海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。
音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。
ここ

寄りによって教え子であり、ボウモアのがぶ飲みが得意なうるくんから、回って来てしまいました。

■コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量■
0MB。
アイポッドシャッフル、まだ使い方がわからん。

■今聞いている曲■
吾妻光良とザ・スインギン・バッパーズ
「やっぱり肉を喰おう!」
最近焼肉食べに行ってないなぁと妻にアピールする意味も含めて。

■最後に買ったCD■
買ってません。でも最近はどういうわけか、CDをもらってばかりいます。
今週はこれ。テナーサックス奏者の井上さんご本人からいただきました。
GRASSHOPPER  /井上淑彦fuse CD イーストワークスエンタテインメント

■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲■
わざわざ聞いているわけではない。絶えず頭の中のターンテーブルが演奏する曲は以下の通り。

マディ・ウォーターズ 「hoochie coochie man」
マービン・ゲイ「what's going on」
ブルースブラザーズ版「I Can't Turn You Loose」(あかん、谷許すな)
スリムゲイラード「laugh rhythm」aka バンバンバザール「笑いのつぼ」
有山じゅんじ「ドレミファそっと暮らしてる」

若かりし頃の美しい思い出はいつもそのときに好んで聞いた音楽と共に頭のハードディスクしまわれています。今でも時々ブルースハープのプワ〜っという音色が聞こえて来たら頭の中が「芸人大学」モードに変わってしまいます。それにしてもマディ・ウォーターズから受けた衝撃は格別です。彼と彼のバンドが奏でる音を初めて聞いた頃、ボクは写真をはじめました。写真家としての日々は常にマディーのいくつかのCDやレコード盤と共に続いています。

で、今宵は井上さんの演奏を聞きにまたもや新宿の街へ。。。。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-25 13:54

カフェユイット

新宿周辺でこれまで人に会うために、どういう場所を使って来たか?
人を待たせたり、打ち合わせしてても相手の話し声が聞こえるような程々の静けさと、
長時間いても気まずい想いをしないですむような喫茶店はそれほど多くは存在しなかった。三越裏のらんぶる、はそういった点では長いことボクら周辺の仲間内では王者の座に君臨し続けて来た。同じくトップスハウスもそういった意味では西の横綱といえなくもないが、同じトップスの8階、カフェユイットにはかなわない。
お勧めは昼間。読みかけの本(まだ3分の1も読んでいないものに限定)を携え、ポットで供されるコーヒーを静かに飲みつつ、本のページを繰ろう。新宿の喧噪などどこへいったのか?信じられない程静かです。

一人で過ごしたい時、アイデアをまとめたい時、大切な打ち合わせには、最適。
どうでもいい打ち合わせは、となりのロッテリアに行くように。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-25 11:43 | 雑談
んなわけで、すだれとよしずの違いすら知らずにすだれを玄関先に立て掛けて、トラックバックで指摘されたボクです。人間33年やっていても知らないことは沢山あるのです。

天下一品神楽坂店で利用できるラーメン半額券を10枚持っているんですが、東京のヒトは基本的に天一嫌いな人が多く、誘っても誰も喜んでくれないので、困っています。

しかし、暑い日が続きますな。こうアチュイとラーメンどころじゃない。あれほど中毒状態だった、カップ麺(週5でぺヤングとか食べてました)もマイブームはとうに過ぎ、次は何を食べようか、全く見当がつかない。
夏バテの走りかな。

今日もよう働いた。帰りはユイットに寄ってビールじゃ。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-24 18:37 | 雑談

アスパラ大会

元林檎並木街の住人さんから、ど〜んとアスパラが届きました。
いやぁ、夏野菜の美味しい季節になりました。

基本的に、生鮮品は全て食べきる、または食べきれる量しか買わない、という
「おはよう奥さん」だったら間違いなく優等生扱いされると思われるような日々を送っている我が家にとって、なんつーか、1キロ以上はあろうかというアスパラ達をいかに食い付くすか、大いに腕が鳴るぜぃ、と連日朝昼晩と全てアスパラメニューで挑みました。まぁ、最初に頂きたいのは、塩とオイルを少々加えた熱湯でさっと茹でてそのまんま口に運ぶ。太いけどスが入っていない、ってのはなんて幸せなんだぁ!と思いつつマヨ無しで4本くらい一気食いしても全然減りません。

朝は主に茹でアスパラ、アスパラのオムレツ、アスパラとジャガイモのサラダ、アスパラとスモークサーモンのサンドイッチなどを食べ、

昼は主に中華風の炒め物の具として、塩炒め、オイスターソース炒め、などを食し、

夜にはみそ汁の具になったり、シャケと一緒にダッチオーブンで焼いたり、トドメは、
一本丸ごとテンプラにして食べたりしました。

まだまだいけそうです。

北の恵みをどうもありがとうございました。
ローカロリー計画にも大変役立っております。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-21 14:47 |

お酒の飲み過ぎではなく

飲酒時に無意識のうちにやってしまう、タバコのすい過ぎが最近しんどくなってきた。
というわけで、最近タバコの量を減らそう月間。
手始めに、起き抜けの一服をやめました。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-18 13:25 | 雑談

天下一品

ミクシィで、天下一品のコミュニティに参加しています。あと天理の彩華にも参加中。

天一の本場、関西のあの味に最も近い、東京の店はどこか、という話題が凄く盛り上がっておりまして、かなりのヒトが「江古田店」と断言しているのです。
あの正体不明のカルボナーラ風こってりどろどろスープ。確かに入るお店によって微妙に味が違います。かつては吉野家の牛丼も同じようなことがあったかな。

で、昨日お休みだったので、江古田に行ってきました。江古田は、池袋から西武線で3つめにある学生がやたらと多い町。練馬区と中野区が細かく入りくんだようなところです。なわけで、普通は電車で行くのでしょうが、バス好きとして有名なボクは、中野駅の北口から、なんとなく江古田方面に行きそうなバスに乗り込み出発。

乗ったバスは、微妙に近くて遠い江古田についてしまい、結構歩きました。
しかし、昔からハナが効く男、通称「デカ」と呼ばれたボクは、動物的カンとその研ぎすまされた嗅覚によって見事お店を発見し、いつもの通りチャーハン定食を発注。

確かに、天一好きがほめるだけあって、関東に散らばる他の店とは何かが違う、うまかった。お好きな方、ぜひ行ってみる価値ありでっせ。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-14 11:26 |

冷やし納豆そば

二日酔いというか、何も食べずに、飲みまくってしまい、かなり気持ち悪い。
脂っこいものは食べたくない、タバコも夕べから全く欲しくない。

とりあえず何か食べとくか、と思い冷たいそばをコンビニに買いに行く。冷たいラーメンというのもあるけれど、冷やしたそばつゆとほんのりワサビが利いたんをズリズリっと飲み干すのが好きなので二日酔いの翌日はそば専門です。最近四谷の仕事場の近くに立ち食いの店も発見しました。思いで横町かめやのソバには負けますが、中々いけてるお店でした。冷たい納豆ソバをつるつると流し込み、復活しました。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-12 13:24 |

旧い写真

数日前に、かれこれ10年来の知人から電話をもらいました。

用件は、確か2000年くらいに制作して、小さなグループショウで発表したボクの作品についての照会でした。

その方は、文芸関係の方なんですけど、今思えば全く長続きせずにほったからかし温泉だった、日本庭園の芝目についてのとてもとてもミニマムなテーマで迫った作品を時分の次回の作品集の表紙に使いたいとのこと。

全部で4点か6点くらいしかない、今迄の作品の中でもこれほど寡作なシリーズというか、その後全然手が付けられなかっただけなんですが、だからといって決して忘れてしまった訳でもなく、フシギとここ数年感頭の片隅にこの作品のことは気にかけていたところがあって、思わず彼からその作品についての問い合わせをいただいたことが、とても嬉しかった。

そんなわけで、久しぶりに自宅のストレージボックスをひっくり返してプリントを探してみようと思う。

かれこれ15年写真家やってますが、今迄のどのイメージだって、自分の中ではひとつも古びている感じはしないのです。
[PR]
by cheaptrip | 2005-06-09 21:00 | 雑談