今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー

<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

そして、今日

朝一番でお金をおろし、不動産屋へ。
重要事項説明書を確認して、契約書にハンコを押す、筈が、ハンコを忘れて向かいのハンコ屋にミトメ印315円也を買ってくるために、契約作業は中断。

で、ハンコ押すと、契約書の賃貸期間が平成17年12月15日〜19年12月14日よするべきところを、平成19年〜17年まで、となっているのを発見。
不動産屋のおじいさんが、その場でボールペンでしゃっしゃっ、と線を入れて書き直した(笑)
ビックリしたのは、もう、鍵を受け取れるというので、早速契約後部屋を見に行って来たが、まだクリーニングされていなかった。
前の住人は結構乱暴に使っていた模様。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-30 14:22 | 雑談

明日

取引き先との懇親会で、事務所近くの焼肉屋「名門」へいくことになっています。
何か、「1メートルホルモン」というメニューがあるらしいですけど、なんだろ。
ホルモン系がお好きな方にはたまらない、という噂を聞き付け、今から待ち遠しい。
詳細は明日。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-29 21:02 |

誰もいない

久しぶりに千葉の実家へ帰る。

といっても、事務的な手続きの為に夜遅く戻り翌日の午前中には、東京へ戻るのだ。
杉並の自宅から電車を乗り継いで幕張の実家まで約1時間。
その気になれば充分というか、当たり前のような通勤圏内のこの家は、その近さゆえにいつも短期滞在だ。いっそのこと、遠い地方に実家があったほうが、日数的には滞在が長いものである。

東京へ戻る日の午前中、少し時間が空いたので、自宅の前の公園を散歩することにした。公園といっても、遊具だけではなく、野球場、テニスコート、ジョギングコースや芝生の広場などもある。子供の頃はこの公園だけで、1年365日全てこと足りるくらいの立派な遊び場だった。夏はグラウンドでラジオ体操が開かれ、何年かに一度降る大雪の時には、ミニスキーで遊ぶ、といった具合だった。
昭和50年代のニュータウンではどこでも見られた光景であるが、既にこの街で育った少年少女は独立し東京に働きに出て行くようになり、親たちはより静かな環境を求め、さらに郊外へ、或いはもっと使いやすい間取りを選んで、都心のマンションへ、移り住んでいった。いつしか、この街は定年退職した男と女だけが取り残されたような格好になった。

よく晴れた平日の午前中、公園で小さな子供を連れて遊ぶ母親の姿がひとりもない、ことに気が付いた。ぼく達のころはあれほど町中にこだましていた子供たちの歓声がこの街にはもうほとんどない、というのがとても奇妙なことに思われた。
今暮らしている杉並にある、10分の1にも満たない小さな児童遊園ですら、常に砂場であぞぶ子らの姿をみるのに、である。

すっかり変わり果てたこの街の喪失感を形に残してみたい。
帰りの総武線に揺られながらぼんやりとアイデアが形を現しはじめていた。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-29 14:22 | 日記風

解約した

郵便局の定期預金を解約した。
妻が管理している別の口座のお金と併せて明日、新しいマンションの手付け金となる。
残高はまたまた中学生のお小遣いみたいな金額になってしまうが、何だか最近はあまり慌て騒がなくなった。

数年前、のクリスマス近いある晩のことだ。当時所持金がほとんどなく(たぶん給料が26日とかに振り込まれるとかそんなことだった)
近くのスーパーで、妻とふたりささやかなクリスマス用のチキンを2本買おうとクレジットカードで支払いを済ませようとしたら、現金のみだと言われて、泣く泣くチキンを手放し、何も買わずに家に帰ったことがある。
なんというか、チキンひとつ買えない自分のふがいなさで、思わず涙を流してしまったのは、そんな昔のことじゃない。師走が近くなって来ると毎年のように思い出すこの出来事から比べると、随分楽な生活をしているようにも思えるし、妻ともどもよく健闘していると自分を誉めたい気持ちにすらなる。

良くも悪くもフリーランスとは、自由だけど、吹けば飛ぶようなささやかで弱い存在である。不可抗力で前へ進めなくなることもあるだろう。
お金も大事だけど、今、自分が自分らしく生きていること、そのものをハピネスだと思いたい。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-29 14:02 | 雑談

気色悪い

仕事柄いろんな人に会う。
なかんずく、相手の表現を媒介してつきあうわけですから、良くも悪くもいろんな感情
とか性格がむき出しのままこちらに向かってくるようでもある。
優れたアートがその人の総てを表しているとは思わないけれど、でも、本人すら気付かない、激しさとか、もう一人の自分とかが超リアルに見えてしまったりする。
そんなものが透けて見えてしまったとき、その総てを相手に正直に伝えて良いものなのか、ときどき悩んでしまうことがある。自分探し、という言葉があるけれど、本当はそんなの必要ない、と思っているから。ぼくが知っているその人と、本人が思い込んでいる自分と懸け離れててもいいじゃないか。

一方、ただ単に自分に酔っているだけ、ということも作品を通じてモロに見えてしまうこともある。こういう場合、大体自分のモノと思い込んでいるその人の考える特質とは
適当に読み齧った雑多な情報の寄せ集めで思い付いた、よそから借りて来た自分像である。で、そんなものを演じようと真顔で迫ってくるニンゲンを目の当たりにすると、こちらが恥ずかしくなる。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-28 10:40 | 雑談

おてんき

が続きます。

日曜日の朝です。いつもよりも少しゆっくりめの起床。8時40分。
引越を迎えて、保存食品の食べ尽くし週間を宣言したぼくは、戸棚の奥からコーンスープの缶を取り出し、小鍋で温め直すことから始める。このスープ缶は少し甘味が強いので、塩、コショウを少々足して味を整えるのだ。

その間にトーストを焼き、先ほどから元気良く湯気を上げている真っ赤な薬缶のお湯で
コーヒーを入れる。

すぐに仕事場にいって、お昼を食べるから朝はこんなものだ。
簡単に朝食を済ませると、お昼ゴハン作り。
今朝は冷たいゴハンが沢山あまっているので、チャーハン。具はこの間安かったから買ったけど期待外れに終わった荒挽きだけど皮なしソーセージ、タマゴ、大量のネギ。
煙りが立つまで温めたフライパンに、少し多めの油を注ぎなじませる。

すかさず、タマゴ2個を投入し勢いよく油と混ぜ合わせて、タマゴのスポンジを作る。
タマゴが固まりきらないうちに、冷たいゴハンをその上にどかん、と載せ、シャモジで潰しにかかる。タマゴにたっぷり含んだ油がゴハンとまじりあうことで、固まった飯粒はいとも簡単にパラパラにホグレてくれるのだ。

ウインナーを細かく切ったものを混ぜ、少しあおる。そして軽く塩をふり、ブラックペパーを多めに振り掛ける。あとで、粉末の鶏ガラスープをお湯に溶いたものをまわし入れるのだが、こいつが結構塩加減が多めなので今はほんの少し、うっすらと味が付く程度で良いのだ。
紹興酒をグラスに3センチ程用意して、そのうちの半分を飯の中に流し入れる。そしてあおる。飯の水分が大分抜けてさっぱり感が出て来たところで、鶏ガラスープを少しづつ鍋肌からまわしいれる。この時フライパンの温度が下がっていると、あっというまに焦げ付いてしまい、なおかつべちゃべちゃのチャーハンになってしまうので、一番気をつけなければならないポイントだ。

数回あおり、スープの水分を飛ばす。仕上げに残りの紹興酒、大量に刻んだネギを投入し、10回程連続技であおり続けると、もう出来上がりだ。

今日は冷凍庫に残っていた、エビフライを3本揚げた。これで油を使わないと調理出来ない冷凍食品は全て使い切ったことになるから、使用済みの油も全て捨てることが出来る。

チャーハン弁当は、忙しい朝、手早く作ることができ、食材も適当に冷蔵庫に余っているものをぶち込めば何でも美味しく出来るので便利だが、モンダイ点はデキタテの熱いうちについついつまみ食いをし過ぎることだ。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-27 12:36 | 雑談

ねぎ

長ねぎの価格が安くなって来たような気がします。冬だし、薬味用の他にも鍋に向いている太くてやらかいのも出回って来ました。ボクです。

今朝も引越業者の打ち合わせ後、弁当作りに精を出す。冷凍春巻きと、さつま揚げと長ねぎの豆板醤炒め、というのをその場で考案して作りました。

この間、閉店真際の鈴熊商店(地元の八百屋)で買った長ねぎが中々美味しい。薬味にもあうし、水分が沢山含まれているので、大きめにザクザク刻んでドバーッと炒めても美味しそうだ。他にめぼしい菜ものもなかったので、今日はねぎが主役です。

そういえば、昨日は、エノキとほうれん草をオリーブ油で炒めたものをビーフシチューの付け合わせで作って食べました。香り付けに白ワインを投入し、マイユのアップルビネガードレッシングで和えていただきましたが、何かパンチが効かない感じで食べてる途中でオロシにんにくを加え、もういちど鍋にかけて、ワインの気を飛ばして、火を入れ直したら、少し良くなりました。

でも、あとで考えたらエノキはオリーブよりも、バターの方が美味しい感じがした。
味の組みあわせは、いくつになってもムヅカシイ。

今晩はシゴト終わってから、市ヶ谷で久しぶりにディナーです。ふふ。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-26 12:19 |
2日置きに二日酔い気味のぼくです。

このまま忘年会シーズンに突入!になりそうです。早いですなぁ時の経つのは。
去年に引き続いて今年も物件の手付け金を払うことになろうとは、夢にも思わんかったぼくですが、いよいよ来週は契約の日なので妻は現金をあっちこっちかき集めに奔走中です。ぼくも2年くらい塩浸けになっていた株がなんとか、買った金額とトントンになりそうだったので、おととい週中指値で全部売ってしまいました。
この週中指値というのはぼくみたいに、年柄年中パソコンに向かって取引きなどやってられない人には便利な機能です。2日もみ合いが続いた後、3日目、寄り付きの一番高いところで売り切ることが出来ました。

株をはじめた頃はITベンチャーとか結構値動きが激しくておもしろ〜とほとんどパチンコ感覚で取引きしていましたが、さすがにそういうのはもう勘弁です。
でもお金に随分強くなったような気がします。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-25 18:27 | 雑談

秋すっ飛ばし冬と成る

いやぁ、毎日寒い。キーボードを打つ手が、かじかみます。

さすがにさっき、ガスストーブを付けました。このままでは、風邪を引いてしまいそうです。
さて、新居引越の件、いよいよ決まりそうです。20万円だった家賃は16万5千円まで下がりました。あってないような相場です。はっきりいって。
シーズンオフということもあるのでしょうか。近頃は引越が安くなった、と聞いたのでネットの引越業者さんに相見積もりを取ってみました。
うまく行けば3万円くらいでやってくれるみたい。

どうです? ナカメ運輸さんとか、引越の一馬力さんとか、はいくらなんでしょうか。

まぁ、これは冗談として、中々ユニークな名前が最近は多いです。
前回6年前に引越した時は「ゴルゴ運輸」でした。
今回見積もりをお願いしているのは「プロレス運輸」とか「ハロー運輸」とか、サンタ引越センターとか、名前が変わったところばかりです。名前がおかしい=耳に残りやすい、というのはやっぱネットでは有利なんでしょうね。

しかし、先ほどから打ち合わせの時間の約束の電話がスゴイ、あんまりにも沢山電話を取り過ぎて、プロレスさんなのか、引越のサカイなのか、ハローなのか、ギミーチョコレートなのか、ゴルゴだったかも分からなくなり、もう、混乱しまくりです。

だんだん面倒くさくなって来た。

いじょ。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-22 17:47 | 雑談
というわけで、午後からまたまたノコノコ四谷の仕事場でパソコンに向かっています。

先週、教えている1年生達の前で、写真集作って来る、と約束しちゃったので、そろそろ作りはじめないとヤバイ、と思いしこしこやっています。
本といってもインクジェットで出力して、キンコーズで製本してもらうだけの簡易的なものです。それにしても生まれてこの方、自分の写真をまとめて本の形で見せるなんて、考えたこともありません。本が嫌でブックすら作るのも拒否してたくらいです。

で、本にするのは、96年の個展の時につくった思い出深い、チープ・トリップから。
思いの他、スキャンに時間がかかる。いい加減なぼくですら3時間。

で、半分くらいまで作りかけてもう限界、帰ろうと思いながら遅々として終わらないプリンターの待ち時間にブログの更新なのだが、最近やっと本のレイアウトとか、本のための構成の面白さが分かって来たような気がします。

10年前の作品ですが、改めてどんな風に見え方が変わって来るのか、ちょっとわくわく感があります。
[PR]
by cheaptrip | 2005-11-21 19:37 | 日記風