今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

打上げ

2月の仕事もようやく一段落し、休日なのに朝から夕方までみっちり働いた自分たちにご褒美として、「外食」を許可することに。

中野坂上にある「げんかや」
熟成カルビ 1人前320円 上ハラミ 350円 生ビール290円 サーロインステーキ800円というのも思い切って頼んでみる。焼肉もいいが、鉄板焼きも中々だ。スーパーで肉を買ってくるよりも安くて美味しい。
[PR]
by cheaptrip | 2007-02-27 18:39 | 新宿暮らし
赤坂で仕事をしていたとき仕事場の隣がファーストキッチンで、緊急時などに時々行ったりしていたが、大抵はすぐに供されるものはなく
「出来立てをご用意しますので7分ほどお待ちください」
などといわれて、手早くメシを済ませようといった思惑が見事に外れたものだ。
ファーストキッチンのポテトはしょっぱい。
変な味を頼むと、あとで喉が渇く。
で、ポテトだが、
冷めたフライドポテトは美味しくない、とは思う。
しかし、揚げたてのポテト、
それもたった今揚がりました!といったものもどーかと思う。
熱すぎる!

熱すぎ、といえばモスのそれである。
口に入れた瞬間大抵は我慢できずに吐き出してしまう。
常に作り立てなので、2度に一度はやってしまう。
トーゼン、口の中は軽いヤケド。味なんか分かるものか。

待たされると、すぐに食べてしまいたくなる。従って、ほおばってしまう→ヤケドする。
そういう時に限って、先に出されたドリンクはもう飲み終わってたりする。
[PR]
by CHEAPTRIP | 2007-02-25 15:53 | 雑談

ヤマバ

忙しかった2月もいよいよ大詰めで、今週はずっとザンギョウの日々だ。
で、昨日も夕食を済ませた後、再びルニに戻り、フレームインの作業。
食事をしに戻った時から、体がだるく、ちょっと疲れ気味。
日曜日までに110点程作業が残っている。1個5分で9時間かかる。
で、9時にスタート。色々足りないもの、加工場の間違いなども今更ながら発覚し、1時間程ロスしたが、11時には20枚ほど完成。
で、自宅とルニの間にある風呂屋に行く。
[PR]
by CHEAPTRIP | 2007-02-25 15:42 | 新宿暮らし

訂正

この間書いた記事のゲラ刷りが届き文章のチェックをしていたら、8本書いたうちの一本だけ紹介した作家さんから事実と異なる記述が多すぎる、との指摘をいただき、急遽同じ文字数×行数で直す羽目に。三分の一は僕の勘違い、三分の一は作家の気が変わった、三分の一は編集者がぼくの書いた文章を切り貼りしていたため、意味が変わってしまった。ということだ。
なので、全面的に自分が叱られているような感じでもなくスカッとした気分ではない。

作家のことを正確に記述するというのはやってみると思いのほか難しい。よくみんな書評とか引き受けるものだと思う。しかし専門誌ではなくて一般誌に記事を書くのは結構大変だ。そして毎回違うジャンルの特集を組む雑誌の編集者はもっと大変だろうなぁと思う。毎回こうやっていろんな人からクレーム喰らったりして。。今回は違うけど中には意味不明にわめき散らす人もいるだろうしなぁ、間に入っている立場の人はさぞかし辛かろうと思う。
現役の作家の進行中の作品を取り上げる場合は、常に最新の情報を集めるのが大事。

結局のところ、企画に乗じて唯記事を書くだけでは弱いなぁとしみじみ思う。
色々反省した。
[PR]
by cheaptrip | 2007-02-16 13:03 | 雑談

安い牛肉

毎週月曜日の特売でグラム100円の牛肉の細切れ肉を時々買う。つーか、我が家で牛肉なるものを買うのは月に1度か2度のこの肉しか買わない。
安物の牛は乳牛を解体したおばあさん牛だとかなんやかんや聞くが、実際のところ薄切りでボロボロしてて、焼いて食べたら多分めちゃくちゃ小さくなってしまって損した気分にさえなるだろう。

こういったくずみたいな肉は煮てしまうに限る。
冬野菜は根菜類が増える。今週なんかごぼうがたくさん来た。
ごぼう、にんじん、タマネギを細切りにして、鍋に水とダシを加えて煮る。
味付けは醤油とみりんを同じくらい。そして件の牛肉をこれでもかっ!というぐらい投入する。
さらに、飲み残しの赤ワインを醤油の3倍くらいドババババとぶち込む。
アルコールを飛ばしつつ煮立ててしまう。糸こんにゃくがあれば言うことないが、大抵の場合そんなに都合良く冷蔵庫になかったりする。

酒を飛ばしたら、弱火にして小一時間程煮込んで出来上がり。
素朴な風情の牛肉の煮物は、弁当に晩飯にいつでも重宝する。
[PR]
by cheaptrip | 2007-02-15 18:03 |

洗車

出講している学校の卒業制作展がはじまりました。
搬入はなんと、当日の早朝。6時半からだという。
何故か立ち会いと展示指導を頼まれているぼくは、生徒の段取りもあるので6時少し前には会場入りしたい。作業用の道具や材料も少し持って行きたいので車で行くことにした。

前の日の晩は結構強い雨が降ったようで(というのも寝坊を恐れて大急ぎで酒を飲んで寝てしまった)プリウスの窓ガラスには水滴が結構付いていました。
5時40分頃に出発しちょっと遅刻か、と思ったが、溜池あたりだと車は速い。10分程で現場に着いた。

午後は自分の仕事もあるので、生徒達を追いかけまくりさっさと仕事を終わらせ、11時前には解散。再び車に乗り込むと、夕べの雨の跡がまるで牛乳をこぼしたみたいに至る所に残っていました。あまりにも汚い。

日中四谷でいくつか仕事をこなし、夕方から自分のギャラリーも搬入。とにかくトンカチ握りまくりの一日で、9時前に四谷から幕張へ移動。スーツケースを借り、鍋をふたつ貰って帰る。
四谷に戻る前に、セルフガソリンスタンドで シャンプー洗車300円というのをやる。
車に乗ったままゆっくりとベルトコンベヤー的なものに載せられ、大ダコの脚みたいなものでひっぱたかれるみたいに、車を洗ってもらう。その間3分程だ。
手で洗うよりも便利。ピカピカになって、一路東京へ。
高速代の節約のため、行きも帰りも下道で。
空いていれば10分も変わらない、ということに気がついた。

神谷町の卒展会場を廻るので湾岸からレインボーブリッジ(下)を経由して東京タワーの脇を抜けるルート。 途中お台場でトイレ休憩。砂浜ではビーチバレーしていた。
[PR]
by cheaptrip | 2007-02-12 16:49 | 日記風

打ち合わせ

ギャラリーを閉めてから、写真講座の打ち合わせ。塾長と総長。

1時間程、実質的なミーティングをして、その後定例のゴールデン街方面へ。
その前に、軽く飯を食おう、ということになり、二丁目の小さなお店に。ピザ、エスカルゴと卵料理。
にワイルドターキーの水割り。

その後、ゴールデン街まで散歩。汀でウィスキー水割り。途中からは夢のように薄く。
ダイドー!と書いてあるスオッチを頂く。写真を見る人だからと、フィルムを吊るしてある総長の写真が文字盤に使ってあるものをいただいた。
[PR]
by cheaptrip | 2007-02-10 12:17 | 写真

キンケツ

去年もそうだったが、年末年始休みが多く、結局今年もこれといった、解決策は見当たらず、毎度おなじみの春になると運転資金が枯渇。

気がつけば、今月で独立後丸2年。3年目の今年は総仕上げの年であり、勝負の年でもある。
過去2年間の経験を基に改める所は直し、もっと力強く前進できるように考えて行かねばならないのですが、相変わらず、日々の仕事の山に埋もれ、今イチスピード感がない、今日この頃。

目下自分たちで出来ることは、支出をもっと絞り込み、基礎体力をつくること。その間に少しは新しいことを考えて行かないと。。。

久しぶりに、スーパー「まるえい」に行く。
魚はまだサバの切身が残っているので買わない。
肉類は特売のベーコン。180グラム249円 卵230円 牛乳168円 天然酵母食パン160円
ジャガイモ 150円 以上。

肉類は、冷凍庫に豚ブロック肉が少しと、鳥の胸肉が半身分あるので、今日は買わない。
[PR]
by cheaptrip | 2007-02-09 12:05 | 日記風

入稿3発

久しぶりに一日中仕事場にいることが出来た。

本の打ち合わせが1本に、4月の写真展のミーティング1本。
メーカー関係へ資料をファックスし、電話で何度か話す。

あとは、印刷物の入稿。
チラシが2種類。あと超急ぎのハガキのデザインと入稿。その気になれば結構仕事はできるのだなぁ、としみじみ思う。

で、雑誌の記事の原稿をメールで送っておしまい。

買い物に行っていない。
肉さかなが何もなかったので、今日の昼は。野菜のてんぷらをつくる。
ごぼう、にんじん、沖縄いんげん、さつまいも。
それに白いゴハンではあまりにも味気ないので、ノリベンにした。

で、夕方、気分転換で近所のスーパー(高い方)へ。
100円引きサバの切身 280円 鳥の胸肉グラム45円、黒こしょう。総額は値引き後の値段で
500円だった。

胸肉はおいしくないが、砂糖をまぶしてから加熱すると柔らかく仕上がるのだ。
その方が美味しく食べられるし、低カロリーで良い。
[PR]
by CHEAPTRIP | 2007-02-07 20:30 | 日記風

落とし込み

展覧会のとき、事前に会場の平面図等を見ながら、どの場所にどの作品を並べるかを考えて行く作業を「落とし込み」と呼ぶ。

うちのギャラリー程度の規模ならそんなものは不要だが、教え子達の卒展のディレクションを頼まれてしまい、さすがに量が多いので、今日は実際の作品を持参してもらい、それぞれ細かく確認しながら、拡大コピーしてもらった図面とにらめっこして場所を決める作業をした。

29名の作品を巻き尺で実測しながら、感覚的に「壁が余る。。。」と感じていた。

全部見終わった後、生徒達とは離れて一通りサイズを計算していったら、案の定壁の1/3くらいが余る計算になる。もう、これはぶっつけ本番でも全く問題ないくらいの分量である。
それぞれの壁にメインで配置する作品を決めて、その周りに誰を配置するかイメージをして、おおよその見当がついたので、ざっと図面に手書きで生徒の名前を書き込んで作業はおしまい。

時間も余ってしまい、早々に四谷に帰る。さすがに眠い。。。

戻って来たら、来春から出講を打診されている学校から「教員任用履歴書」というのが送られて来た。来週理事会があるので、すぐに送って欲しいとのこと。
大学の付属機関なので、なにやらいかめしい。
例えば学歴欄は 大学院前期課程 後期課程について記入する欄がある。

博士学位は何か、と聞かれている欄もあって、ここも記入するものがない。

先攻分野についても聞かれる。
日々研究しているわけではなく、基本的に今や商売人だと思っているので実に苦しい。
「写真研究」と書いてみた。


その他別紙として これまでの研究業績について自由に書ける用紙がご丁寧に2枚もついているのだが、

「特に無し」
以上。としか書けない。。。。

こんなのでいいのか、ほんまに。
[PR]
by cheaptrip | 2007-02-06 21:02 | 写真