今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

う〜む

メタクソ忙しい一週間でした。

月)8時から新宿、ジムで1時間有酸素運動器具に乗る。今年初か、2度目くらい。午前中に用事が入る事が多く最近全然体を動かす時間がない。
10時半に戻り、食事を済ませて11時半に事務所に、メールチェック等済ませてから恵比寿12時30着、昼間教えている学校の、修了展の立ち会い。壁にくぎが打てず、結構時間がかかる。3時過ぎ新宿。妻も仕事が終わったらしく、京王新線の改札付近で待ち合わせ、一旦自宅に戻り、入院中の祖母のお見舞いに行っておこうと思い立ち、車で大塚へ。動いているが、意識はあまりない。

17時に病院出発、そのまま妻を表参道で下ろし、18時過ぎに事務所に戻る。
夜教えている方の卒業制作の補助をしに、そのまま車で早稲田へ向かう。30分程で13枚の額装を仕上げて、再び事務所へ戻り、抱えている仕事のメドを付けて、21時頃、千葉の実家へ向かう。礼服が実家に置きっぱなしだから取りに行くのだ。
実家で夕食を頂き、10時半頃出発。帰りは空いてて市谷までは40分程で到着。


火曜日。

週明けのギャラリーは忙しい。
一日休んだだけでどーしてこんなに電話やメールがジャンジャン来るのかと思う。
来客の応対と、目下抱えている作業に追われて今日やろうと思っていた事はあまり進まない。8時過ぎに観念して、妻と近くのダイニングバーで、バジルのパスタ、アンチョビのピザと生ビール2。
9時半頃に、実家から電話。祖母危篤。
一旦自宅に戻り、車で大塚病院へ急行するも間に合わず。
昨日思い立って病院へ行って良かった。
その日は1時過ぎに一旦自宅へ帰る。

水曜日

葬儀の日取りは、次の日、月と決まる。
都心の斎場はどこも順番待ちがひどい。こんなに時間がかかるのかと思う。
日中はプレス関係の発送等の準備。リリースを書きまくる。
夕方、いくつか打ち合わせ。19時過ぎに原宿の出版社でミーティング 1時間程。
再び事務所に戻り少し作業し、車に返却の額を積み込んで帰宅する。
もう米がないことに気がつく。


木曜日。

打ち合わせ。数本。
夕方早稲田へ。来期の授業スケジュールの為の会議3時間。
終了後、事務所で残業しているスタッフのフォロー。自分もお預かりのプリントの採寸をして、オーバーマットの手配をする。9時半頃終わり、米不足を解消するため、イオンに買い出し、東雲は夜だと20分程で行ける。
11時半頃戻り明日の弁当の仕込みをして寝る。

金曜日
10時に西麻布Fフイルムのプロ部へ協賛依頼のミーティング。
11時半頃一旦自宅に戻り、新宿で用事を済ませて、12時半事務所入り。
3時から単行本の編集者と2時間程打ち合わせ。その後1件写真展の持ち込みの相談を受け付ける。9時頃終わり。

土曜日 
13時から目黒美術館 早稲田の講評会のゲストとして出演のため。
その前にコスモスの本社へ顔を出す。社長と小一時間雑談兼情報交換。
こういうのは大事だ。

講評会は18時までで、その後駅前のバーで懇親会。8時まで居て、自分のギャラリーもオープニングなので、その二次会に出席するため四谷に戻る。
強風で交通機関がマヒしており、お客はあまり来なかったらしい。
さすがに卒展のはしごは、しんどくて、ビール一杯で眠くなる。

日曜日

10時頃 事務所へ。
大きな作業系を片付け、11時半頃から U氏の追悼展の会議。狭い事務所に8名の人間が居て、大きなプリントの検品をするから、中々大変だ。
終わったのは17時、 大急ぎで喪服に着替え、曙橋で妻と待ち合わせ、タクシーで新御茶ノ水。運転手がタコなため、お茶の水駅前で降りて、走って千代田線の入り口へ向かう。町屋斎場へ。20年ぶりにきたら、とても近代的な建物に変わってて驚く。
18時からお通夜、20時前には終わり、9時前に帰宅。


月曜日

8時半に自宅を車で出発。
明治通り、目白通り、不忍通りを経て、西日暮里から町屋へ。30分程。
10時から告別式。巣鴨経由で市谷に戻ったのは15時頃。
昨日の夜やる予定だった、設営作業を妻と二人で行い、19時過ぎまで仕事する。
さすがに疲れたので、曙橋駅近くの焼肉:せいこうえんに寄り、レバサシ1 ハラミ2
ホルモン1 ハーフカルビ、1 生ビール2 など注文。6700円。
タレに香辛料が
効いててうまかった。

疲れたので、10時前に寝てしまう。
[PR]
by cheaptrip | 2008-02-26 11:05 | 日記風

カーナビ

愛車プリウスのナビが3年経って、新しい道が分からないため、結構不便だ、ということに気がつき、先日新しいDVDに入れ替えてみました。

月に1度くらいは、郊外の大型スーパーに出かけて、レトルトものとか、パスタの麺とかカレールゥといった保存の効くものをまとめ買いするのだが、大抵そういうときは東雲のジャスコまで行きます。遠い感じもするが、四谷から三宅坂を越え、警視庁の前を抜けて日比谷へ出て、そのまま数寄屋橋、銀座四丁目、歌舞伎座を一気に通過して勝鬨橋を越え以前は晴美トリトンの前で道は行き止まりだったが、晴海大橋の開通で真っすぐ豊洲や有明方面に抜けることが出来る。以前から使っていた道だが、今までのナビだとひたすら海の上を走っているような表示になっていた。
そういえば、我が家の近くは外苑西通りの突き当たり『富久町西』という交差点の近くだが、もうすぐ抜弁天あたりまでの延伸工事がはじまる。開通すれば、今まで距離にして2キロ足らずにも関わらず、まるで電車に乗って富田林から光明池の免許センターへ行く時のようなZ型の大回りルートだった、四谷三丁目から早稲田方面の道程がちょー楽になる。

東京の町を走っていると、今でも時々新しい道が突如として開通することがあるが、
こんなところにも土地があまっている場所があったのか、と思う。
[PR]
by cheaptrip | 2008-02-07 12:00 | 新宿暮らし