今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ニューヨーク

京都から帰ってきて、4日後、ニューヨークに向かう。
こう書くとなんだか、スーパービジネスマンみたいだが、たまたま用事が重なっただけです。座席はエコノミー。 16時 コンチネンタル8便ニューアーク行きに乗る。着いた当日は真っすぐ美術館のパーティーに出席する為、それに間に合う便と言うと、コンチか、全日空の便しかなく、お値段は2万円も違う。周りの人がコンチは快適だ、と言っていたが、確かに座席が広い感じはしたが、あまりサービスは良くない。機内食は美味しくないです。それでも行きは、前日までの準備疲れと、成田でビール2本、アンド機内持込のビール1本を飲み、すっかりいい気分で寝てしまいました。

途中、軽食といってもかなり立派なサンドイッチが出て、むしゃむしゃ喰っているうちに目が覚めてしまい、予定よりも1時間くらい早くニューアークに着いた。
入国審査は、噂には聞いていたがメタクソ遅い。1時間半くらいかかった。
単に職員の怠慢であると思う。
[PR]
by cheaptrip | 2008-05-23 12:07 | 日記風

関西

9日、10日と関西方面へ出張でした。

新大阪に立寄り、その後神戸へ。
取引はあるが、まだ行った事のない書店へ挨拶と思ったから。旧居留地近くの一角がいつのまにか、オシャレなお店が点在するエリアになっていて、以前オープンで挨拶に来てくれた画廊もその一角にあった。展覧会を見てオーナーに挨拶をして、その後書店へ向かい挨拶をする。もう一件新規に立ち上がるお店があって、Hビーさんが展示するらしい事を知り、行ってみるがまだ休み。本人に電話する。
ちょうど入れ違いで神戸入りするらしい。

近くのカフェで一服後、次の目的地の豊中まで向かう為市内を歩く。
久しぶりの神戸は何か違う町のようだった。やたらと餃子専門店が目につく。
後で地元の友人に聞いたら、行った事はない、とのこと。
あと、カツ丼屋も多かった。高架下はすっかり雰囲気が変わった。年をとったのだろうか。

阪急神戸線に乗り込む。停車駅が増えていてかつてのようなスピード感はないが、懐かしい。十三で宝塚線に乗り換え、服部という駅で降りる。初めて降りる駅だったが、とても懐かしい風景に見えた。大阪のニオイがする。
駅近くの画廊にお邪魔する。オーナーと色々とりとめの無い話をする。
自分のことはずっと前から知っていてくれてたらしく、まさかこういう形でお会い出来るとは、と言って下さる。やはり歳を取ったのか?

2時間少々お邪魔して、次は梅田経由で肥後橋へ。
大阪駅前の地下街は更に発展してて四つ橋線の乗り換え方が全く
分からなかった。一度地上に上がり、方角を確認して再び地下へ潜る。
今日の晩は、肥後橋の画廊でトークショーをする。簡単に打ち合わせをして、持参してきた荷物を広げ、ボツボツと話すが、いつのまにか血が上ってしまい、例に寄って話し過ぎ。時間オーバーで予定の半分くらいしか話せなかった。

その後、近所の居酒屋で打ち上げ。
夜は島本町のAくんの家に泊まる。山間の静かな平屋の家。
再びワインを開ける。何を話していたのか、分からないが三時頃寝る。翌9時起床。少し寝すぎた。
サンドイッチの朝食をゴチになり、駅まで送ってもらう。
京都駅には、10時半頃着。大きな荷物をロッカーに預けて、5番のバスで京都造形大方面へ。北白川周辺の画廊と書店まわりをする。
一軒目の画廊で挨拶。展示中の作品は自分がフレーミングしたものだが、湿気の問題があり、気になっていた。多少波打ちが見えたが、まぁ許せる?それは作家が感じる事なので何とも言えない。微妙な立場だ。
画廊を出ると、隣が写真コースの校舎だった。まさかと思って電話すると、J先生が出てきた。「おぉ、昨日から来てるらしいなぁ」って、言われたが随分マニアックな情報までチェックしていること!
というわけで、予定には無かったが学校見学。夏に世話になるスタッフとも顔合わせが出来た。昼食を取る間もなく、大学の並びの書店へ。雨が強い。服はびしょぬれだ。
再び挨拶。1タイトルしか無い超弱小ディストリビューターの事をよく覚えてくれてるなぁ、と嬉しく思う。

腹が減ったので何か食べたい。寒いのでラーメンがいいな、と思いつつふらふらと銀閣寺前まで来てしまった。
何となく目の前にあった「ますたに」というお店に入る。小さくてきれいじゃない普通ポイお店だが、結構込んでいる。後で聞いたら結構地元の人には有名らしい。
こーいうのもありだよね、って味。でも食べながら「天下一品」の本店もこの近所だった事を思い出し、激しく後悔する。ハシゴしようかとも思ったが、雨だし、もうそんなに若くないので、一人前2杯なんて無理。

しかし、冷たい雨。我ながら妙に納得する。

再びバスに乗り、京都駅まで戻り、最後の目的地東寺へ。
師匠の展覧会を見る。今日は対談をしているらしいが、銀閣寺周辺でウダウダしているうちに、幸か不幸か終わっていたが、我が師が迎えてくれた。近くの茶店で一服し、来年桜の個展をしないかと、誘ってみる。結構感触が良かった。
5時になり、全然雨も止まない。天気がよければ四条辺りまで戻って一杯やって帰りたいとも思ったが、師匠ともあっさり分かれて帰りの新幹線の人となる。
乗り換えの時間が余りなくて、弁当も買えなかった。

反省

あまりにも短時間に用事を詰め込み過ぎ、久しぶりの関西を楽しむ間もなかった。
こうやって、人は友を失って行くのかもしれない。
[PR]
by CHEAPTRIP | 2008-05-22 22:04 | 日記風

結局連休は全く休めませんでした。
アポイントも、電話も鳴らないので黙々と仕事する。日本語が恋しい今日この頃であります。

連休明けから、旅が続く。週末は2日ほど京都、大阪へ。
その翌週はニューヨークへ3日程。

関西は久しぶりだ。ネット上で情報をキャッチした友人から、早速飲みのオサソイを頂くが、滞在時間があまりにも短期間なため、タイミングがあわず。プライベートで旅なんかいつ以来だろう。覚えてないな。
海外旅行も仕事がらみでしか行った事がないから、いつも2泊4日とか、3泊5日といった強行スケジュール。時差ぼけしに行ってるようなもの。
歳を重ねると、いろいろフクザツなことも増えてくる。うーむ。
[PR]
by cheaptrip | 2008-05-06 11:05 | 新宿暮らし