今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

京都に行かない京都

週末は年に1回ある、京都の大学の授業。毎年暑い中外を歩く。ペットボトルの水2リットル分は軽く空いてしまう。なかなか大変だが、8月はヒマだし、お店も休むのでこういう
アルバイトのような仕事は大事なのである。
しかし、今年は諸々事情が重なり、授業中にも電話が沢山鳴るので、休み時間は、各方面の連絡ごとばかりしていて、あまり集中出来ない。来年、再来年くらいが潮時かとも思う。

今日は月末だ。 あまり収入のない月なので、心配していたが、なんとか、クリア。
少しほっとした。

来月は??
[PR]
by CHEAPTRIP | 2008-07-31 17:48 | 写真

カミヒトエ

夕刻、携帯が鳴った。高野山の師匠からだ。
今神田にいるので、これから四谷に立ち寄るとのこと。
あまり当てにしてなかったが、ここ2ヶ月くらいのツケをまとめて20万円程現金で精算してくれる。昨日通帳記入したら、月末まであと40万円くらいは欲しかったところだったのでとても助かる。神様のような人だと思った。

で、春にお願いしたいと思っていたことを説明し、了解をもらう。7時過ぎに一軒だけオープニングに顔を出さねばならないところがあり、先生にも付き合ってもらう。表参道。山男のような出で立ちの師匠に半ズボン+ビーサンという「夏服」のぼくで、骨董通りを歩くのはなかなか場違いで良かった。
30分程お邪魔し、食事に。近辺でわしらが入れる場所はないので、渋谷。東急ホテルの3階にある大きな居酒屋。カット野菜の盛り合わせ、ししゃも、寄せ豆腐、ヤングコーンの天ぷら、カンパチの刺身。途中で茹でたばかりのトウモロコシを売りにきたので二人で半分に割って食べる。

師匠は田舎暮らしだし、ぼくも大地で毎週トウモロコシを食べている。
今朝採ったものなら、もっとうまいと思う。

小一時間ほどとりとめのない話をして、総武線で師匠はお茶の水の定宿へ、ぼくは途中の信濃町で降りる。師匠と二人で飲むのはいつ以来だろうか。
ここしばらくは大人数での集まりくらいしかない。

ギャラリー屋になったのは、君の運命ですから。。と神のお言葉を最後に頂いて
複雑な気分で再び仕事場に戻る11時少し前の外苑東通り。
[PR]
by cheaptrip | 2008-07-23 11:48 | 日記風

入院した。

昨日生まれて初めて入院というものを経験し、今日戻ってきました。
20代の頃から患っている尿管結石が大きくなりすぎて、衝撃波を使って割った方が良い、とのことでしたので、月曜日の休館日を利用して一泊2日で行ってきたのであります。

入院と言うと、付き添いの人がいたりして、車で送ってもらったりとか多少は想像していたが、愛車プリウスは、この機会に凹んだ所の修理に出しており、妻も朝からバイトだ、ということで、地下鉄と山手線を乗り継ぎ、ラッシュにもまれつつ新大久保駅近くの総合病院へ。入院手続きをすませて、早速自分の病室に案内された。6人部屋の真ん中である。寝間着に着替えて、看護士が来るまでここで待っていなさい、とのこと。
寝間着といっても、さっきまで寝てる時に穿いていたズボンと、適当なTシャツである。
5秒で着替えると、担当の看護婦さんが来ていろいろ説明をしてくれた。
で、早速レントゲンを取りに行く。
12ミリくらいの石が白い影になってよく見える。
今日はこれを粉砕するのだ。

2時頃、先生が到着。大きな装置のセッティングも先生自ら行う。
治療中にショックを起こすことがあります。と注意書きに書いてあった。ショックって何だ?ショック死???

これから、
3秒に二発くらいの割合で、石のある場所めがけて衝撃波を発射してくれる。
人による、と先生は言っていたが私の場合、とても痛かった。
尾てい骨めがけて金属バットで打たれたような感じである。ケツバットを3000回喰らっているようなものである。たまらず、手を挙げて一旦止めてもらった。
途中から骨に響くような痛みはなくなったが、そのかわり、みぞおち辺りが痛くなる、というか気分が悪くなった。これは大体皆経験することらしい。

正味20分。3000発の照射が終わってぐったり。。。
[PR]
by cheaptrip | 2008-07-15 14:32 | 日記風

暑い

よく考えてみたら、1階に住むのって初めての経験でした。部屋にいる時は窓を開けられますが、寝る時はやはり怖いので窓を閉めます。

湿気がヒドいため、5月の終わりに除湿器を購入。ずっと使っていると湿気取りぞうさんの水2個分の水が一日でとれます。
床置き型の除湿器は涼しい風は出てきません。温かい風が出ます。でもからっとしているので快適でした。これまでは。

今月に入り、蒸し暑い日が続き、夜なかなか寝付けない。で、夜中に置きて麦茶を飲み窓を開けるとめちゃ涼しい風が入ってくるのです。
去年までは10階でした。
少しうるさいけれど細ーく窓を開けていると涼しい風が入ってきたものでした。

窓を開けられないのって、結構大変だなぁと今更ながらに実感。次はもっと上に越します。で、仕方がないので、前からここに付いているエアコンを初めて使ってみることにしました。リモコンの電池も切れているようで下ので、夜の11時過ぎにコンビニに買いに行って、バッチシ!

で、スイッチを入れるが動かない。。。。

壊れてる!。


2台とも。。。
もう、10年以上使っているらしい。。

今週は寝不足気味で仕事の能率が悪いです。
[PR]
by cheaptrip | 2008-07-10 14:07 | 新宿暮らし

システム

年始からずっとやりとりしつつ、やっとこさネットショッピングのシステムが見えてきました。パイロット版が今日完成。

早速試運転を始める。商品情報を入力したり、特注品などのイレギュラーな使用の場合も細かく価格の設定を変えることができたり、かな〜りよい感じに出来上がっています。初回の時点で70点くらいは付けられるかな、という仕上がりです。

こういうのを自力でやろうとしたこともあったが、正直無理!
とりあえず、良かった。
[PR]
by cheaptrip | 2008-07-04 21:25 | 日記風

忙しい?

主宰しているところの本が出来たので、お世話になった人へ宛てて本を送る作業をしている。量が多い上、優先順位もめちゃくちゃで思いついた所から送っているため実に能率が悪い。ワープロで作った送り状と一緒に本を硬いボール紙の封筒に入れて発送するのだが、やっぱり一筆入れたくなったりして作業は遅々として進まない。

仕事関係でメールではなく改まった気持ちになって手紙をしたためるということが、近頃とても多くなった。まだお会いしたことのない方へ書いたり、しばらくお会いしていない人に連絡を取るのも手紙だ。
今日は何しろ件数が多いので、一言添える程度であるが、それでも一瞬でもその人のことを思い出したりとか、というのは良い時間だと思う。

年長の人で、紳士的な方は何かの折りに必ず手紙を書いてくれる。同じ業種の先駆者の人から手紙を受け取ると、とても励まされる気がする。
自分も下の人間にそういうことが出来ているのだろうか。。
ちょっと心配になったりもする。
[PR]
by cheaptrip | 2008-07-03 20:06 | 日記風

大学で。。。

芸人大学で何を学んだのだろうか、と、時々考えることがあります。
我が師、その名もお大師さまは、本当に何も教えてはくれませんでしたが、写真だけは見てくれました。といっても、写真を見せても気の効いたアドバイスのようなものは、何も言ってくれないのです。かといって他にやることもなく、結局毎週写真をプリントして持って行くのでした。でも本当に何も言ってくれないので、そのうち阿呆らしくなり持って行くのも辞めたのですが、写真を撮ることはもう、走り出していたのでそのままがーっと続いていました。結局のところ、それで沢山撮ることの意味を気づかせてもらったように思う。要は、人に聞くな、写真を撮ることで考えろ、ということを4年間かけて学んだということだ。文字だけで表現すると随分遠回りをして導かれた結論のようにも思う。しかし、経験して得られたものであるから揺らぐことのない芯のようなものでもある。

写真家になる為に、学校に入るべきか否か、とよく聞かれることがある。正直よく分からない。返答に困る。もしかしたら写真家になるための回答は、大学には何も用意されていない。努力すればなんとかなる、では学校に行く必然があるのかどうか。でも自分の場合は、大学に行き、いろいろなものに巻き込まれたり人を巻き込んだりしているうちに、今日のようなことになった。
いずれにしても、学校に行ったところで、誰もあなたを何とかしてくれる訳ではない、ということだけははっきり言っておこう。いまの生徒達にも。
[PR]
by cheaptrip | 2008-07-01 18:54 | 写真