今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

音楽について

20代の頃、写真と音楽は同じようなものだった。家に戻ると必ずCDかレコードを回していた。それが当たり前のようだった。部屋に音楽が鳴り響いていないということは無かった。
今はどうだろう。車の中のCDは、もう半年もずっと同じものを入れっぱなしにしており、いい加減飽きてしまい、近頃は専らラジオだ。CDショップにも足が向かなくなった。数えきれないくらいあった、レコードやCDも、20代の終わり頃、お金に換えてしまった物も多い。ツエッペリンのボックスCDとか、二束三文で買い取られた時、少しだけ惜しい気がした。

今月久しぶりに「スインギンバッパーズ」の新しいのが出たと聞いて、それが我が37歳の誕生日の記念品であるのだが、手に入れたらそれで満足してしまった。

仕事場は基本的に無音であった。ネットラジオは、ADSLだと途中で切れてしまうことが多かったが、そういえば去年からうちの仕事場は光に変わっていたのを忘れていた。
アイ・チューンを久しぶりに起動して、例に寄ってラジオのブルースチャンネルに合わせる。今度は切れる事がなかった。というわけで、ひさしぶりに、音楽のある空間で一日仕事をしている。



ただ、ひとつ問題が。

パソコンから鳴るので、電話とかする時に少々うるさい。
天井にスピーカーつけて、鳴らす事は出来ないのだろうか。
[PR]
by cheaptrip | 2009-01-29 19:05 | BLUES

春菊

朝でも暗い我が家は、天気が悪いと10時を過ぎても朝のように感じられない。

今朝、おっといけない、8時廻っちゃった、と思い飛び起きて、時計を見たら9時40分でした。目が悪いので、時計の針を読み間違えた。
とりあえず朝食は抜きにして昼飯の支度。

豚ロースの薄切り肉を解凍し、それをぼうるに入れ、すり下ろしたショーガ、醤油、泡盛を少々いれて味をつける。その間に、米を研ぐ。正月に買った無洗米5キロは今日でおしまい。味付けした肉に、小麦粉をまぶし、フライパンに油を入れて、唐揚げ風にする。

油があまってしまったので、ボウルを軽く洗って、小麦粉と水、塩をひとつまみ。天ぷらの衣を準備して春菊のかき揚げ、家で揚げる天ぷらは、どうしてこんなにべちゃっとするのだろうか。今日のところは麺つゆにくぐらせ卵とじにした。本当は前の日に余った天ぷらをこうすると、旨いのだが、ぼくが作る天ぷらはあげたそばから前の日に揚げたみたいな味わいになってしまう。これもひとつの才能か?

色々作っていたら、12時近くになり、結局弁当は家で食べて仕事場に向かう。
[PR]
by cheaptrip | 2009-01-29 13:28 | 日記風

時間

気がつけば、37の誕生日を過ぎている。

ということは2月生まれの彼も、もうすぐ37で、同じ月の彼女は38か。もう立派な中年である。が、どう考えても自分が想像していた大人になりきれていない自分がいる。

年末のある忘年会でのこと。取引先のある加工屋さんは、付き合い始めてから10年以上経過するが基本的にひとりで受注、制作、納品をやっている。今も全く変わらない。
自宅と仕事場が同じなので、朝は8時になるともう戦闘モード。仕事開始だそうだ。
昼食は取るヒマがない。カロリーだけを摂取するために、車にバナナを積んでいる。
そんな目が回るようなスケジュールで動いているのをつい最近知った。

年明けから、自分も無駄な時間を無くそうと思い色々試みている。
いつも11時過ぎには仕事場に入り、外出の予定が無ければ、19時頃には、店を閉める。打ち合わせ2本、接客いくつかと、企画書作成、電話連絡、依頼、その他商品の発送や、請求書の作成、ウェブの更新もした。

19時に最後のお客さんが帰り、表の灯りを消して、少しぐったり。
[PR]
by cheaptrip | 2009-01-20 19:22 | 日記風

隣のシバは?

午前中病院、阿佐ヶ谷へ行く。
阿佐ヶ谷駅の北口から線路伝いに狭い路地を歩いて行くが、道の両側には古びたそば屋、酒屋、小規模のコンビニエンスストア、タバコ屋、クリーニング屋などが所狭しと並んでいる。典型的な中央線杉並周辺の風景が続く。杉並区民を8年程やっていたが、新宿に越した直後は状況が許せたらまた戻りたいと思っていた。
今はあまりそうゆうことは思わない。
高円寺や阿佐ヶ谷はなんとなく年を取ってから住むような町じゃないような気がするのと、昔からそうだが、何となく文化系気取りの町の体臭が近頃鼻につく。

昼過ぎに仕事場に戻り、いくつかTEL。80歳を超える大家の方へ。昨年お会いしたが、覚えていてくれるかどうか不安である。我が稼業もいつのまにか12、3年くらいやっているが、未だ自分の仕事に自信を深めている訳ではない。年長の人にお願いに上がったり、意見を求めたりすることは常に緊張するし、良い返事が得られない時は、それが先方の事情であれ、常に自分の聞き方が悪かったのではないだろうか、と不安になってしまう。良い意味での図々しさというのを持ち合わせたいといつも思っているが、加減が分からない。
他の人が尋ねたらどういう返事になっていたのだろうか。いちいち気にする必要はないのかもしれないが、未だに心配で仕方がないのである。
[PR]
by cheaptrip | 2009-01-08 14:26 | 日記風

仕事始め

曜日の並び方のモンダイで、去年は6日頃から仕事をしたが、今年は8日頃まで休もうと思っていた。その間に色々片付けないといけないこともある。家の用事は全て済ませたい。
と思っていたら、予定よりも早く東京に戻ってきた。
しかしながら、世間はもうとっくの昔に仕事始めである。今日の午後久しぶりに仕事場に入り、パソコンを付けたらおびただしい数のメール、留守電の録音は40件近く吹き込まれており、否が応でも仕事モードになってしまう。

今年の目標は、コストを抑える。事務所を広げたりその他なんやかんやで固定費が膨らんでいるので、削れる所は徹底的に節約する。
[PR]
by cheaptrip | 2009-01-07 15:48 | 日記風