今のぼく、そして過去のぼくのこと。


by cheaptrip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

何杯でもと量で攻めるなら、

何杯でもごはんが進むおかずは?

今回は、凄くピンポイントで攻めさせていただきます。

ボク的第一位は
「焼肉のタレ」
焼肉ではなく、タレです。別に瓶に入っているのをダボダボ掛けても構いませんけど、それではあまりにも青春し過ぎです。

ヤキニクヤで、付け皿に残った、肉片、コチュジャンのひと固まり、白髪ねぎ、
ニンニクなどなどが混ざり合い、複雑にからみ合ったものをメシの上に垂らすのでは無くて、付け皿にゴハンを載せて、絶妙な加減で白飯に色を付けた後、ドンブリに戻してワシワシと食べてしまう。というのはうまいです。

ボクだけですか?


あと、トリ豆腐を食べ尽くしたあとの
豆腐のカケラ、ダシ汁、軟らかくふやけた長ねぎ、七味トーガラシといったものを大振りのサジですくって、白飯の上に載せていただく。

これも、たまりません。向かい側に座っている妻が、みっともないからやめなさい、といわれても、スキを見て絶対にやりたくなる。

『クリープ』の直喰いか、トリ豆腐の汁ごはんか、というくらい好きですねぇ。

お行儀悪くてすみませぬ。
[PR]
by cheaptrip | 2004-06-29 17:51 |